5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アリーナの絆再び

1 : アフィ平民(東京都):2012/01/08(日) 23:03:25.67 ID:/0w87Ng/0 ?PLT(12000) ポイント特典

アリーナの絆再び

昨年3月の東日本大震災直後、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)に避難してきた子供たちを対象に行われた学習ボランティア
「みんなの学校」の同窓会兼新年会が7日、福島県双葉町民が集団生活する加須市の旧騎西高校で開かれた。
同町の児童ら15人と、先生役のボランティアを務めた元教師や塾講師ら15人が、餅つきや正月遊びをして約9か月ぶりの再会を喜び合った。

同学校は昨年3月21〜29日、アリーナに避難する子供たちの学習の遅れを心配したさいたま市のNPOスタッフ・山田幸枝さん(63)と
山崎啓子さん(52)らが開講。児童と心の通い合いも生まれたが、避難所閉鎖後はなかなか交流する機会もないため、同窓会を企画した。

午前10時前、加須市内で家族と暮らす小学4年の女子児童(10)は、大宮区の元教諭岡田苑子(そのこ)さん(25)の姿を見つけると、駆け寄って抱きついた。
「元気だった?」と児童を抱き上げる岡田さん。児童は「みんなの学校のことは、ずっと忘れなかった。先生にまた会えるとは思わなかったよ」と笑顔を見せた。
2人は手を取り合い、ヒモを付けた風船を持って走り回った。

餅つきでは、みんなが「よいしょ、よいしょ」とかけ声を合わせ、ボランティアと児童が一緒にきねを握る光景も。
同高校で集団生活する双葉町民約30人も参加し、同町で和菓子屋を経営していた高齢男性が大福を作ると、子供たちは何回も手をのばしていた。

震災当時、双葉町で外国語指導助手を務めていた英国のアンソニー・バラードさん(47)とフィリップ・ジェリーマンさん(30)もみんなの学校で英語を教えた。
今も騎西中と騎西小で教壇に立っているといい、「子供たちが前と同じように元気になってうれしい」と盛んに写真を撮っていた。

山田さんは「元気な笑顔が見られたのはとてもよかったが、本当に心の奥にあるものはもっと継続して触れ合っていかないと分からない。
『みんなのことを決して忘れていないよ』というサインを、今後も送り続けていきたい」と話した。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20120107-OYT8T00970.htm

2 : アフィブログ”管理”人(富山県):2012/01/08(日) 23:05:37.03 ID:l4tx8B/I0
>>1
ザラキ!ザラキザラキザラキ!
ザラキーーーーーーーーー!

3 : ステルスマーケティングの鬼(北海道):2012/01/08(日) 23:07:00.90 ID:JFQMW1zF0
ステーマ

4 : アフィブログ”管理”人(SB-iPhone):2012/01/08(日) 23:08:24.82 ID:5dBqhy8s0
クソスレ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)